ぽっこりお腹を解消したい方へ!サプリで下腹・便秘改善

乳酸菌で便秘を治す

 

便秘を治すのに一番効果があるのが、食生活の見直しだと思います。健康的な食事をとっていれば、毎日しっかりとお通じが来るものですよ。特に積極的に、意識して取り入れて欲しい成分が、乳酸菌です。

 

お通じが悪くなる原因は、便に水分が足りないという問題があるためなんです。よく、便秘にはお水を飲んだ方が良いと言いますが、これは平たく言えば腸に水を入れて柔らかくするのが目的なんです。水よりも効果があり、便に水分が行きわたるだけではなく腸が健康になるという効果も持つのが、乳酸菌だというわけです。

 

水分をよく含んでいない便は腸の中で固まってしまい、いくら力を入れて踏ん張っても中々出すことが出来ません。乳酸菌をとることで水分が無くなるのを防ぎ、排便をスムーズにしてくれるんです。それだけではなく、スムーズに便を出すために、腸の動きも良くしてくれます。つまり、大腸のぜん動運動も助けてくれます。

 

反対に、ぜん動運動が鈍っている大腸はとても働きが弱く、お通じも含めて腸の機能が低下していってしまいます。乳酸菌はヨーグルトやチーズと言った乳製品だけではなく、お漬物やみそ、ぬか漬けなど発酵食品にも多量に含まれています。日々の献立に上手く活用することで、腸内環境が整っていきますよ

 

便秘対策に善玉菌を増やす

 

食生活が乱れると、腸内環境が悪化するのはご存知の通りです。特に気を付けて欲しいのが、動物性の脂肪やタンパク質を多めにとっていて、食物繊維が少ない人です。この食生活を続けると、善玉菌が減って、悪玉菌が徐々に有利になっていってしまいます。

 

悪玉菌が有利になると当然お通じが悪くなりますが、便に関すること以外にも様々な腸の病気の原因になるんです。ですので放置して、その場しのぎの対策だけで済ますのはあまりお勧めできません。便秘改善、腸内環境の改善には、善玉菌を増やすのを心がけてみましょう。

 

もっとも代表的な善玉菌が、乳酸菌です。乳酸菌がたくさん含まれている食品をとるのはもちろんですが、乳酸菌のエサとなる食べ物もとる必要があります。それこそが、食物繊維、オリゴ糖と言った成分なんです。ですので、発酵食品や乳製品などと海藻類や果物類を食べると、お腹にとってはとても助かる栄養になるんです。この二つを意識してとって、善玉菌の増殖を大いに助けてあげましょう。

 

ちなみに、食物繊維には水溶性と不溶性と言うものに分かれていて、善玉菌のエサになるのは水溶性の食物繊維です。水溶性は海藻類、果物類、こんにゃくと言った食品に大量に含まれているので、覚えておきましょう。

 

便秘になる原因

 

便秘とは、お通じの回数や、1回の便の量が少なくなったり、便が出にくい、排便してもすっきりとした気がしない状態を指します。これは腸の活動が鈍ったり、日々の生活習慣が重なって起こる他、ガンや腸閉塞が起こっているために便秘になる可能性もあります。

 

例を挙げると、食事性便秘と呼ばれるタイプと習慣性便秘というタイプがあります。食事性便秘も習慣性便秘もその名の通りの意味を持っています。食事性便秘は食生活の乱れから起こる便秘で、小食だったり、食事の時間が不規則になっている場合に起こりやすいです。朝ごはんを食べなかったり、食物繊維が不足している可能性もありますね。腸内の酵素不足ということも考えられます。酵素不足には万田酵素がおすすめ!→万田酵素ひと粒のちからの効果や評判口コミ

 

習慣性便秘とは、便意を我慢してしまうがために、起こる便秘です。便意をもよおしてもすぐにトイレに行かないというのが習慣化すると、直腸がかなり鈍感になってしまい、我慢するのを何度も繰り返すと便意をもよおしにくくなるんです。

 

さらに、痙攣性便秘、 弛緩性便秘と言う症状もあります。痙攣性便秘は日常生活で受けたストレスなどによって、心身が長時間緊張すると、自律神経が乱れて、腸が痙攣を起こすんです。腸が痙攣すると腸の活動が鈍くなりこれも便秘の原因となります。便秘だけではなく、出る便が細く、短いものになったり、便秘と下痢を不規則に繰り返したりと言う症状もあります。

 

弛緩性便秘とは加齢や運動不足によって腹筋が弱り、上手く踏ん張れなくなるのが原因で便秘になることを指します。いずれのタイプも、食生活を見直したり、運動をすることで改善が見込めますので、もし当てはまるものがあればすぐに改善に取り掛かりましょう。

 

>>>腸内に乳酸菌を効率的に補給!
>>>おすすめな便秘サプリの口コミはこちらで